魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。

お魚!お魚!お魚!

お魚大好き♪見るのも釣るのも食べるのも。 魚釣る?魚食べる?魚見る?それぞれに楽しみがありますよね。釣りもグルメもお魚観察も、私は全部楽しんじゃいます。今日も海に感謝です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1605-1.jpg

IMG_1604-1.jpg

IMG_1603-1.jpg


アカムツ。
ムツと言っても実はムツの仲間ではありません。
スズキ科の魚でスズキの仲間なのです。
その証拠がエラブタにある鋭いトゲ。

そう言われても味の面からいくととてもそうは思えないんだけど。(笑)

って思っているとある本にはハタ科に分類されていました。

食味からいくとハタ科のような気がしないでもないのですが・・・。

これね♪

本州中部以南に分布し、特に日本海側に多いようです。
北陸ではノドグロと呼ばれています。
呼び名は地方ごとに違っても超美味な高級魚だというのは全国共通です。

見た目がムツやクロムツに似ていて赤いところからアカムツという名前になったらしいのですが、ムツ科ではないので別ものです。

釣り期は冬。
大陸棚の深い部分に生息しているのですが、秋のある時期だけ産卵の為に中深場にあがってきます。
この時期が一番釣り易くなります。

とにかくこの魚の味は一度食べたら忘れられません。
お魚料理のお店で「時価」となっていても、お財布状態を忘れて頼んでしまう私。

上品なのにコクのある脂。
他の魚には類を見ません。

お刺身、煮つけ、塩焼き、お鍋、唐揚げ・・・とにかくほわほわの脂を堪能できます。
200610211854000.jpg

シャブシャブにすると皮ぎしから脂がじゅわ~っと浮いてくるのがたまりません。
200610211918000.jpg


アカムツが魚屋さんに並んでいるのを見かけることは珍しいので、見つけたら即買いです。(笑)

体の表面の朱色が鮮明な明るさで、背中の赤には金色が混じったような輝きがあるもの。
お腹部分は白く体側に向かって銀色に輝いているもの。
体の表面のヌメリが強くないものでお腹のしっかりしているものを選びましょう。
もちろん目は濁っていないことが大事です。

身におろされている場合は、身の色がピンクがかったあめ色で透明感のあるものが鮮度のよいものです。

富山など日本海側ではノドグロと呼ばれるアカムツですが、太平洋側でいうノドグロカサゴという別の魚です。

以前、東北のある街を訪れた時「ノドグロのお刺身870円」というのを見て飛びついて注文したら、それはノドグロカサゴでした。
アカムツのお刺身が870円なんてこんな値段でいいのぉ!って喜んだんですけどね。(;^_^A
ノドグロという呼び名は日本海だけのようです。

応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。