魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。

お魚!お魚!お魚!

お魚大好き♪見るのも釣るのも食べるのも。 魚釣る?魚食べる?魚見る?それぞれに楽しみがありますよね。釣りもグルメもお魚観察も、私は全部楽しんじゃいます。今日も海に感謝です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061205140100.jpg

20061205140117.jpg

20061205140149.jpg


アンコウ
北海道以南の本州各地に分布。特に東北に多いです。
釣りで狙うではないのですが、一度だけお友達が釣った話を聞いたことがあります。(笑)

アンコウ料理といえば、七つの部位が有名です。
皮、頬肉(柳肉)、エラ、胃袋、卵巣、肝臓、尾ビレ(トモ)。
この七つの部位を「アンコウ七つ道具」と言います。
頬肉に関しては「頬」と限定しないで「肉」という場合もあります。
20061205140133.jpg

食べられないところは歯と大腸だけと言われているコストパフォーマンスの高いです。

アンコウ体全体がヌルヌルしていて掴めない上に、肉が柔らかいため、まな板の上ではさばけません。
そこで考えられた「アンコウのつるし切り」(ぶらさげた状態でおろしていく)は有名ですよね。

口にフックをかけてぶら下げたら、胃袋に水をたくさん入れてその重さで体を安定させます。
口の周りから包丁を入れて、皮を剥ぎ、腹を開いて内臓を取り出します。
このときに胃袋は残しておき、大腸を捨てます。
最後に胃を取ったらヒレと身肉をそぎ落とし、骨と頭にして切り分けます。

このつるし切り。
をさばくのが好きな私には興味深深。

数年前静岡のある港のお魚センターに立ち寄ったとき、たまたまお店の奥でつるし切りが始まるところでした。
最初は邪魔にならないように入り口から覗いていたのですが、夢中になってしまい、気がついたらスタッフオンリーエリアに侵入してしまっていました。
それを見たお店の方の「よかったら近くで見る?」ってお言葉に甘えて、めいっぱいつるし切りショーを堪能させてもらったことがあります。(笑)

子供じゃあるまいし、いい大人が魚をさばいてるのを見るのに夢中になって店内に入り込んでるのって・・・かなり微妙。( ̄∀ ̄;)汗

でもほんっと面白いんです。
アンコウのつるし切り。O(^-^)O


アンコウの産地といえば北海道・噴火湾、常磐・水戸沖が有名です。
しかし最近はこういった産地のものは少なくなり、九州、東シナ海を中心とした韓国や中国産のものが多く出回っています。

見た目に怪しげなので鮮度を見分けるのは普通の魚より難しそうですが、エラが真っ赤で体表面のぬめりが透明、身肉は透明感のある白色で、肝臓や胃の内壁が溶けていないというのがポイントです。

絶対に避けるべきものは、お腹の部分が青くなっているもの。
こうなっているものは臭いがかなり強くなっています。

売っているアンコウの胃に氷が入っていることがありますが、これは胃を大きく見せるとかそういう姑息な手段(爆)ではなく、あくまで鮮度保持が目的です。

国内産のアンコウは年々魚体が小さくなり、数も減っています。
鮮度のよいおいしいアンコウに出会うには産地の市場に行くのが一番です。


アンコウといえばやっぱり鍋料理
茨城の郷土料理あんこう鍋(鮟鱇鍋)」は味噌に肝を加えた出し汁にアンコウの七つ道具を入れたお鍋です。
出し汁の味付けの仕方はそれぞれのこだわりがあって異なるため、様々な味のあんこう鍋があります。
20061205140203.jpg

有名な「どぶ汁」は漁師風のあんこう鍋です。
昔は、あんこうの水揚げ地、北茨城・平潟地方の漁業関係者が食べていたそうです。
水は使わず、あんこうの身や野菜から出る水分と味噌だけで作るので、肝の甘みが効いた濃厚な味わいの郷土料理です。


見た目は悪いですが、「東のアンコウに西のフグ」と言われるだけあって、鮮度のよいアンコウは、旅館・料亭から高級食材と珍重されるほど美味い魚なのです。


応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あんこうの絵が描きたくて ここへきました。
正面から見たあんこうの顔どこかに良い写真ないかな?
2007/02/28(水) 13:05:38 | URL | トゥインクル #-[ 編集]
トゥインクルさん
トゥインクルさん、はじめまして♪
アンコウの絵の参考になる写真、サイドバーに出してる吉川水産のところにいくつか出てますよ。
よかったら見てください。
鮮魚販売のところにアンコウがあったと思いますぅ。
参考になるといいなぁ。(*^-^*)
2007/03/04(日) 11:24:33 | URL | sakanabiyori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakanablog.blog72.fc2.com/tb.php/42-32f66cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アンコウ 著 者: さなかひより アンコウ。 北海道以南の本州各地に分布。特に東北に多い魚です。 釣りで狙う魚ではないのですが、一度だけお友達が釣った話を聞いたことがあります。(笑)
2007/02/01(木) 00:31:57 | ☆荒稼ぎ案内人☆ リセールライト営業日記
魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。