魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。

お魚!お魚!お魚!

お魚大好き♪見るのも釣るのも食べるのも。 魚釣る?魚食べる?魚見る?それぞれに楽しみがありますよね。釣りもグルメもお魚観察も、私は全部楽しんじゃいます。今日も海に感謝です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はしりなごり
料理を語るときによく使われる言葉です。

四季を映し出す料理である日本料理では「はしり」の食材が使われます。
はしり」とはその季節に初めて出回るもの、いわゆる「初物」のことです。
その反対でそろそろ今年のシーズンも終わりだなという時期を「なごり」といいます。
そして「はしり」と「」の間の出盛りのものを「」といいます。

日本人は昔から初物の「はしり」が大好き。
「初もの七五日」といわれるように、その年の初物を食べると75日寿命が延びて長生きできるという諺もあります。
江戸時代には、物価の高騰を避けるために初ガツオなど、素材別に販売期間を細かく定めたこともあったそうです。

今では価格が高くなる「はしり」の食材を競って出荷するために、一番美味しいとされる「」がいつなのかわからなくなってしまっているのが微妙なところですね。(^_^;)

「栄養価値充分にしてまずいものなし。」
これはかの有名な北大路魯山人の言葉です。

この言葉、本当にその通りだと思います。
に限らず野菜や果物にしても、最もパワーのあふれる全盛期で、栄養価値の高いときが一番美味しい時期。
」になるということです。

がいつなのかということは、卵(真子)を持つ時期がいつなのかによって判断することができます。
卵を持つ前から、持ち始めの頃(卵がきめ細かい頃)までが旬で、体力を消耗する産卵の直前から直後は身の味は落ちます。
その後数ヶ月たっての体力が回復するとまた味がよくなります。
こう考えるとの旬は、裏と表の二回あるということになりますね。

といっても今はいろいろなが一年中出回っています。
そのせいで「旬」がいつなのかよくわからなくなってきているのが現実。

はその年の気候(水温)によって旬がずれるということを頭においておかなければなりません。
沖釣りを楽しむ私は何度もそれを実感しています。

陸地の気温と海水温はかなり違うので、陸地の季節と海の中の季節は必ずしも一致していません。

旬の魚を味わうためには、気候の変化などその年の自然の営みにも敏感である必要があるんですね。
魚の味で四季を感じる・・・素敵なことだと思います。

応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakanablog.blog72.fc2.com/tb.php/51-fbb03b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。