魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。

お魚!お魚!お魚!

お魚大好き♪見るのも釣るのも食べるのも。 魚釣る?魚食べる?魚見る?それぞれに楽しみがありますよね。釣りもグルメもお魚観察も、私は全部楽しんじゃいます。今日も海に感謝です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒラメ
分布は日本各地。釣り期は夏~冬。
白身肉でタイと並んで高級の代名詞にもなっています。

購入するのも「高級」だけど釣るのも「高級」なのがこのの困ったところ。
高級すぎていまだに釣ったことがない私です。(^_^;)
ヒラメ釣りにボーズは付き物だとわかっていても釣れないのはやっぱり悲しい~。(笑)
ヒラメ釣りの餌にする丸々太った
ヒラメに齧られるだけでヒラメが釣れないなら、持って帰って私が食べたほうがだって喜ぶよねぇなんていつも思っちゃいます。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

ヒラメカレイの見分け方、ご存知ですか?
目の位置から「左ヒラメに右カレイ」って言うけど、小型のヒラメと大型のカレイの区別は慣れていないと難しいです。
を正面から見て、口に対して左側に目があるのがヒラメで右側にあるのがカレイってことですが、カレイの仲間にも左側に目があるものがいます。

普段から見慣れている釣り人なら「顔」でわかるかもしれないけど。(笑)
ヒラメはカレイに比べてかなり口が大きく顔が怖いんです。
典型的なフィッシュイーターなだけあって、カレイとは雰囲気が違います。
ってそれじゃぁわからないですよね。
すみません。( ̄∀ ̄;)汗

ヒラメは活きで釣るのが一般的ですが、ピンギス(小型シロギス)や小アジや小サバでも釣れます。
竿先にアタリがあっても、ヒラメが餌を食い込むまで待たなければなりません。
そのあいだのドキドキ感といったらたまりません。
私の場合、そのドキドキ感だけで終わってしまうのがオチなんだけど。(爆)
ヒラメが浅場に寄ってくる初夏や晩秋には砂浜からルアーで釣る事もできます。

「寒ビラメ」の美味しさは言うに及ばず、お刺身や煮つけ、揚げ物、蒸し物などどのように調理しても美味しいです。
特に背びれや尻びれ付け根の「縁側」は歯ごたえ、脂の乗りは最高で独特の美味しさがあります。
細かい鱗を取り除いたアラに軽く塩をふり、30分ほどなじませた後、水洗いして湯通しして鱗や血を取り除いたものを、お吸い物にすると最高です♪


鮮度のよいものの見分け方は体表のぬめりに光沢があって、さらりとしているもの。
表皮の色は生息している環境によって黒茶色から薄い茶色までいろいろで丸い白い模様も個体差がありますが、鮮度のよいヒラメは表皮の色がはっきりしています。
身肉の場合は、透明感のある薄いあめ色で、触ると弾力と張りのあるもの。
血合い肉は少なくて、その色は赤に近い黄色です。

何年も追いかけてるけどいまだにゲットならずなおの中の代名詞みたいなヒラメ。
いつになったら釣れるんだろう・・・。
当分はおすし屋さんのネタケースで釣るしかなさそうです。(爆)


応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakanablog.blog72.fc2.com/tb.php/58-5287dc9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。