魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。

お魚!お魚!お魚!

お魚大好き♪見るのも釣るのも食べるのも。 魚釣る?魚食べる?魚見る?それぞれに楽しみがありますよね。釣りもグルメもお魚観察も、私は全部楽しんじゃいます。今日も海に感謝です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒラメ
分布は日本各地。釣り期は夏~冬。
白身肉でタイと並んで高級の代名詞にもなっています。

購入するのも「高級」だけど釣るのも「高級」なのがこのの困ったところ。
高級すぎていまだに釣ったことがない私です。(^_^;)
ヒラメ釣りにボーズは付き物だとわかっていても釣れないのはやっぱり悲しい~。(笑)
ヒラメ釣りの餌にする丸々太った
ヒラメに齧られるだけでヒラメが釣れないなら、持って帰って私が食べたほうがだって喜ぶよねぇなんていつも思っちゃいます。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

ヒラメカレイの見分け方、ご存知ですか?
目の位置から「左ヒラメに右カレイ」って言うけど、小型のヒラメと大型のカレイの区別は慣れていないと難しいです。
を正面から見て、口に対して左側に目があるのがヒラメで右側にあるのがカレイってことですが、カレイの仲間にも左側に目があるものがいます。

普段から見慣れている釣り人なら「顔」でわかるかもしれないけど。(笑)
ヒラメはカレイに比べてかなり口が大きく顔が怖いんです。
典型的なフィッシュイーターなだけあって、カレイとは雰囲気が違います。
ってそれじゃぁわからないですよね。
すみません。( ̄∀ ̄;)汗

ヒラメは活きで釣るのが一般的ですが、ピンギス(小型シロギス)や小アジや小サバでも釣れます。
竿先にアタリがあっても、ヒラメが餌を食い込むまで待たなければなりません。
そのあいだのドキドキ感といったらたまりません。
私の場合、そのドキドキ感だけで終わってしまうのがオチなんだけど。(爆)
ヒラメが浅場に寄ってくる初夏や晩秋には砂浜からルアーで釣る事もできます。

「寒ビラメ」の美味しさは言うに及ばず、お刺身や煮つけ、揚げ物、蒸し物などどのように調理しても美味しいです。
特に背びれや尻びれ付け根の「縁側」は歯ごたえ、脂の乗りは最高で独特の美味しさがあります。
細かい鱗を取り除いたアラに軽く塩をふり、30分ほどなじませた後、水洗いして湯通しして鱗や血を取り除いたものを、お吸い物にすると最高です♪


鮮度のよいものの見分け方は体表のぬめりに光沢があって、さらりとしているもの。
表皮の色は生息している環境によって黒茶色から薄い茶色までいろいろで丸い白い模様も個体差がありますが、鮮度のよいヒラメは表皮の色がはっきりしています。
身肉の場合は、透明感のある薄いあめ色で、触ると弾力と張りのあるもの。
血合い肉は少なくて、その色は赤に近い黄色です。

何年も追いかけてるけどいまだにゲットならずなおの中の代名詞みたいなヒラメ。
いつになったら釣れるんだろう・・・。
当分はおすし屋さんのネタケースで釣るしかなさそうです。(爆)


応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
IMG_1009.jpg

シロギス
船に乗らなくても岸から狙える美味しい天ぷらネタのお魚です。
分布は北海道南部以南で釣り期は周年。特に春~夏にかけてが好期です。
内湾や内海の砂底に住んでいますが、河口付近の外海にもいて川に入ることもあります。
IMG_1016.jpg

湘南地方で人気の釣りものですが、毎年9~12月は禁漁期間。
お正月、年明け早々に相模湾シロギス釣りは解禁になります。
真冬の寒さで餌を付ける手が悴もうが、乗り込む船の床が凍りついていようが、この日を待ち焦がれたシロギスフリークの釣り人がどっと相模湾の船宿さんに押しかける。
そんな光景は湘南地方のお正月の風物詩と言えるかもしれないですね。(笑)

夏場のお手軽ファミリーフィッシングなどの対象魚とされているシロギスですが、シロギス釣りは実はかなり奥が深いのです。
実は私の一番苦手な釣りがこのシロギス
超有名なシロギス名人(年間に5000~6000匹のシロギスを釣ってしまうんです!\(@O@)/)さんに、何度もレクチャーしていただいても全く上達しない私。
なんでこんな難しい釣りが「初心者に最適」とか「女性や子供にも簡単に釣れる」と言われるのか私には理解不能。

ってことで私のシロギス下手は名人もお手上げの相当なものだと思われます。(爆)

シロギスは小さな体に似合わないプルプルプルという小気味よい引きを楽しませてくれるので、シロギスフリークの釣り人は多いです。
30センチクラスの尺キス(ひじたたきといいます)は釣り人の憧れ♪
って関東ではめったに釣れませんが。(^_^;)

お店での美味しいシロギスの見分け方は、お腹が透き通っていて張りがあるかどうか。
シロギスの体表には黒い輪のふちどりがあってその上に鱗がついています。
象牙色とうすいピンク色が混じったような色の側線が、背中から体に沿ってはっきり見えるものは鮮度のよい証拠。
シロギスは鮮度落ちが早く、鮮度が落ちたものはお腹が切れていることが多いです。
身肉は黒い血線が少し見えて、白く透き通っているものがよく、鮮度落ちすると身に水がにじんだようになります。

上品な味の白身はどうやって食べても美味しく食べられますが、お刺身、天ぷら、焼き物、揚げ物、椀物などが一般的です。
干物にしても美味しいです。
20061227195334.jpg

20061227195346.jpg

シロギスはキス科の魚ですが、キス科の魚は4種類。
シロギス以外にモトギス(沖縄以南に分布)、ホシギス(種子島以南に分布)、アオギス(南日本に分布)があります。
このうち、アオギスはかつて本州の東京湾や伊勢湾にも生息していましたが、干潟の埋め立てなどの影響で絶滅してしまい、今では四国や九州の極限られた地域にしか生息していません。

でももしかしたら東京湾にもまだアオギスがいるかもしれない・・・なんて思ってしまうのは私だけかなぁ。(笑)


応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
はしりなごり
料理を語るときによく使われる言葉です。

四季を映し出す料理である日本料理では「はしり」の食材が使われます。
はしり」とはその季節に初めて出回るもの、いわゆる「初物」のことです。
その反対でそろそろ今年のシーズンも終わりだなという時期を「なごり」といいます。
そして「はしり」と「」の間の出盛りのものを「」といいます。

日本人は昔から初物の「はしり」が大好き。
「初もの七五日」といわれるように、その年の初物を食べると75日寿命が延びて長生きできるという諺もあります。
江戸時代には、物価の高騰を避けるために初ガツオなど、素材別に販売期間を細かく定めたこともあったそうです。

今では価格が高くなる「はしり」の食材を競って出荷するために、一番美味しいとされる「」がいつなのかわからなくなってしまっているのが微妙なところですね。(^_^;)

「栄養価値充分にしてまずいものなし。」
これはかの有名な北大路魯山人の言葉です。

この言葉、本当にその通りだと思います。
に限らず野菜や果物にしても、最もパワーのあふれる全盛期で、栄養価値の高いときが一番美味しい時期。
」になるということです。

がいつなのかということは、卵(真子)を持つ時期がいつなのかによって判断することができます。
卵を持つ前から、持ち始めの頃(卵がきめ細かい頃)までが旬で、体力を消耗する産卵の直前から直後は身の味は落ちます。
その後数ヶ月たっての体力が回復するとまた味がよくなります。
こう考えるとの旬は、裏と表の二回あるということになりますね。

といっても今はいろいろなが一年中出回っています。
そのせいで「旬」がいつなのかよくわからなくなってきているのが現実。

はその年の気候(水温)によって旬がずれるということを頭においておかなければなりません。
沖釣りを楽しむ私は何度もそれを実感しています。

陸地の気温と海水温はかなり違うので、陸地の季節と海の中の季節は必ずしも一致していません。

旬の魚を味わうためには、気候の変化などその年の自然の営みにも敏感である必要があるんですね。
魚の味で四季を感じる・・・素敵なことだと思います。

応援ポチッとなおねがいしまぁ~す。ヾ(@⌒―⌒@)ノ
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
魚図鑑?魚の釣り方、魚のレシピ、旬の魚、魚料理なんでも有りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。